ogawa-fumio

記事一覧(478)

フィリップロスを悼む

ユダヤ系の米国人作家、フィリップロスが5月22日に逝去した。かなり強くユダヤ性を前面に押しだした作品もあり、たとえば新聞の訃報欄ではほとんど取り上げられていない「ザプロット・アゲンスト・アメリカ」(2004年)。これもおもしろい。いってみればディストピア小説。第二次世界大戦が始まったとき、大統領にチャールズ・リンドバーグが選ばれてしまった架空の過去がテーマとなっている。リンドバーグは飛行士として有名だが、いっぽうで孤立主義者で、かつ反ユダヤ。フランクリン・デラノ・ローズベルトの対立候補という設定。FDRが英国を助けようとしているのに対して、米国の戦争への不参加を表明(米国の若者を欧州の戦争のために死なせてはいけない、という)して当選。孤立主義は同時に、ナチスと不可侵条約を結びソ連を抑え込もうとするかたちへと発展。リンドバーグ大統領はさらにそもそも反ユダヤだったところにもってきて、ナチスの政策を一部受け入れ、米国のユダヤ人を強制移住させたりという反ユダヤ政策を打ち出す。マンハッタンでシアワセなユダヤ人街区に暮らしていたロス一家もそのあおりで、どんどん悪化していく状況に巻き込まれていく……。結末は必ずしもハッピーでないのだが、おもしろい作品だ。昨今のイエルサレムへの米国大使館移転のときの悲劇も記憶に新しく、ユダヤ人をめぐる複雑な状況を垣間見ることが出来る。ぼくはその前に「アメリカンウォー」(オマルエル=アッカド)を読んでいて、どことなく通じるものを感じた。こちらは温暖化で地球がダメージを受けたあと、第二次南北戦争が勃発した後のアメリカが舞台。そういえばニューヨークタイムズのウェブサイトで下記のような記事があった。

Song To Songを観るべしいや聴くべし

偶然機内で観てラッキーだと思った映画が「Song To Song」。2017年に米国で公開されたテレンスマリックの作品だ。日本で知られているのは「シンレッドライン」(1998)だろうか。ライアンゴズリング、マイケルファスベンダー、ルーニーマーラ、ナタリーポートマン……それにパティスミスやイギーポップ、ぼくはわからなかったがカメオでジョン・ライドンとかも出ているようだ。きら星のキャストである。編集にやたら時間がかかった作品らしく、2012年に撮影されたあと、ずっとポストプロダクション、編集をやっていたとか。ルーニーマーラってこんなにかわいかったっけ?と思ったのも、そういう理由もあるのか。その割には「わけわかんない」とか米国では評されて、「Rotten Tomatoes」のTomatometerでは43パーセントと情けない評価だ。まあ、ミュージシャンとして成功しているヤツ、いまいち成功しないヤツ、売れない作詞家のオンナ……それが出てきて雰囲気的な映像が流れる。ぼくは好きなんだけれど。なにより音楽がすごい。選曲センスが抜群だと思うのだ。パティスミスの泣ける「Birdland」から、めちゃくちゃカッコいいシーンで使われるデルシャノンの「Runaway」まで。クラシックもあればジャズもある。上のクレジットで言いたいことが分かってもらえると思う。機内で手持ちだったため揺れてますが。

シチズン・ジェインという映画

よい映画だった。「ジェイン・ジェイコブス」。住人の目から論じられた都市論の先駆者として知られるジェイン・ジェイコブス(1916−2006)の記録映画(現代は「Citizen Kane」ならぬ「Citizen Jane」)である。「アメリカ大都市の死と生」という傑作都市論の著者であり、都市開発王として知られたロバート・モーゼズとのマンハッタンを舞台にした戦い(そして勝利)を主題としている。ぼくはジェイコブスによる”新築都市住宅が必ずしもいいとは限らない。音が筒抜けになったりする欠点がついてくる”というくだりを読んだとき、一体何の話をしているんだろうと(昔は)思ったものだ。日本とマンハッタンとは住宅のクオリティが違うからね。モーゼズは高速道路を通し、都市に高層ビルを建て、区画を整理するばすべてが解決すると主張をしていた。それに対してジェイコブス(ら)は街ごとに性格があるからマンハッタンは魅力的であり、また住人が家の中に引っ込んでしまうと通りは荒廃すると主張していた。で、実際に同地で低収入のひとばかり集めた高層アパートメント群を建てたところ、地域はあっというまにスラム化してしまった事例などが取り上げられる。ぼくは先頃ビレッジとかを歩いて、こんなふうに街に表情があるのはなんてステキなんだろうと思ったばかりだった(谷根千ではその逆を感じた)ので、ジェイコブスの頑張りにいまさらながらエールを送る次第である。日本では目だった都市論がなかなか出てこないけれど、あちらでは今日のNYTのホームページにあったナッシュビルの食堂の話なんて、かたちの違う都市論といってもいいかもしれない。