キャデラックCT6インアメリカ

8月にアメリカで

キャデラックCT6に乗りました。

5メートルを超える車体の

プレミアムセダンです。

3.6リッターV6とフルタイム4WDシステム搭載。

LEDのポジションランプが

サイドからバンパー下まで回り込んで

ひと眼で「違う」とわかるルックスも特徴的です。

キャデラックは先進性を売りにしているようです。

いまさら言われなくても僕は

1990年代にナイトビジョンを

真っ暗な豊洲(当時はイベントで使われていました)で体験していらい

キャデラック=先進技術のメーカーという

イメージをしっかり持っています。

CT6は大きなセダンということを忘れがちな

ハンドリング。

でも最もいい場所のひとつは後席です。

居心地がいいのです。

#キャデラックCT6


ogawa fumio HP

小川フミオのホームページ フリーランスのライフスタイルジャーナリスト クルマ、グルメ、ファッション(ときどき)、多分野のプロダクト、人物インタビューなど さまざまなジャンルを手がける 編集とライティングともに得意分野で企業の仕事もときどき 「朝日新聞&M」「GQ」「UOMO」「openers」などライフスタイル系媒体に 紙とウェブともに寄稿中