Gクラスはスポーツカーのよう

朝日新聞「&M」にオーストリアの山を切り拓いたテストコースでの

メルセデスGクラスの試乗記を寄稿。

「このクルマだけがゲレンデバーゲン(オフロード車)あとはSUV」という

テストドライバーの言葉が印象に残っています。

かつてのパーレビ国王のスペシャルオーダーで

開発がスタートしたというGクラス

人気は衰えず79年の生産スタートから今日にいたるまで

生産された車両の8割ちかくが路上を走っていると

メルセデスベンツでは言います。

最近はちょっとチャラくなりましたが

ウィンドシールドはこのように平板で

ラフロードで割れてもなにかで代用できるようにしてるとか

そんな出自はそのまま活かされています。

Gクラスに乗るひとは

いちどラフロードで思いっきりとばしてみると

惚れ直すと思いますヨ

ogawa fumio HP

小川フミオのホームページ フリーランスのライフスタイルジャーナリスト クルマ、グルメ、ファッション(ときどき)、多分野のプロダクト、人物インタビューなど さまざまなジャンルを手がける 編集とライティングともに得意分野で企業の仕事もときどき 「朝日新聞&M」「GQ」「UOMO」「openers」などライフスタイル系媒体に 紙とウェブともに寄稿中