トヨタC-HRに乗った

トヨタC-HRは世界50カ国で販売されるコンパクトSUV。

スタイリッシュさと操縦性とがウリで欧州では

日産ジュークやアウディQ2をターゲットにしているそうです。

日本では2016年末発売ということでまだ”プロトタイプ”の状態で

さきごろ日本で試乗会が開催されました。

プリウスに続きTNGA(トヨタニューグローバルアーキテクチャー)を使っていて

さらにそれを走りのよさを主眼に改良したのが特徴といいます。

エンジンは日本では1.2リッター(+4WD)と

1.8リッターハイブリッド(前輪駆動)の2本立て。

欧州には2リッターガソリン仕様もあるとのことで

1.2リッターで大丈夫かなと思って乗ったら

意外や意外というか予想以上によく走ります。

しかもサスペンションはジオメトリーなどを徹底的に見なおし

(ストラットはキングピン軸に合わせた角度に設定するとか

出来ていなかった当たり前のことを実行した、と開発者)

結果かなりしっかりした走りです。

期待以上に楽しい。

僕は1.2リッターの自然は走りが好みでした。

いいクルマだと感心しています。

スタイルはかなり個性的で

レクサスのSUVのデザインテーマに

シトロエンDSなどが加味されたように思えなくもありません

欧州でもウケそうな雰囲気です。

日本では2016年末発売といい

価格は未定です。

オジサンが乗るにはやや気恥ずかしい気がしないでもないですが

そこはどんな宣伝が展開されるかにもよりますか。

僕たちはイメージに弱いから。

商品の売れ行きは作り手が決めるようになったとは

かつてガルブレイスが指摘したことですが

まさにそうかも。



ogawa fumio HP

小川フミオのホームページ フリーランスのライフスタイルジャーナリスト クルマ、グルメ、ファッション(ときどき)、多分野のプロダクト、人物インタビューなど さまざまなジャンルを手がける 編集とライティングともに得意分野で企業の仕事もときどき 「朝日新聞&M」「GQ」「UOMO」「openers」などライフスタイル系媒体に 紙とウェブともに寄稿中