マツダCX-5が新型になる

マツダのセールスの屋台骨を支えるSUVがCX-5。

2012年に初代が発売されて好調なセールスを記録してきました。

まもなくモデルチェンジで新型になります。

それが上記の写真。

プロトタイプですがさっそく接する機会が提供されました。

特徴は正常進化。

方向性としてはよりファミリーユースにも向いた洗練された乗り味の実現。

上の写真をみるとキープコンセプトぶりがよくわかります。

言うまでもなく右が従来型です。

新型のデザインテーマは「car as art」といい

面の構成などをシンプルにして研ぎ澄ませたと

デザイン担当者は話してくれました。

新しいレッドの塗色も凝っています。

新型のエンジンバリエーションは

ガソリンエンジンが2リッターと2.5リッター

ディーゼルが2.2リッター。

試乗したのはSKYACTIV-Dというディーゼルエンジン搭載のXD。

出力もトルクも従来型と同一ですが

新設計の低振動コンロッドなどを用いることで静粛性が

大幅にアップしています。

乗り心地もダンパーの改良などでよりあたりがソフトに。

シートはやや座面が低められて乗降性が向上しています。


ダッシュボードも一新されて横基調のクリーンなかんじで質感の高さは出色です。

これでカラーや材質のバリエーションが選べるともっといいと思うのですが

「そのへんは徐々に」とマツダのひとは言っていました。

従来型も年次改良を経て運転するととても楽しいクルマとして

完成度があがっています。

似てみえるけれどけっこう方向性が違う2台。

この日較べてみてそう感じたのがなによりおもしろかったです。



ogawa fumio HP

小川フミオのホームページ フリーランスのライフスタイルジャーナリスト クルマ、グルメ、ファッション(ときどき)、多分野のプロダクト、人物インタビューなど さまざまなジャンルを手がける 編集とライティングともに得意分野で企業の仕事もときどき 「朝日新聞&M」「GQ」「UOMO」「openers」などライフスタイル系媒体に 紙とウェブともに寄稿中