ファニングとオーウェン

BMWは新型5シリーズ発表に合わせて「The Escape」という

オリジナルのクライムムービーを作っています。

先日のリスボンでの発表会でもホテルに入ったら部屋のモニターで

これが(勝手に)上映されていました。

最初は”はでな映画やってるな”と思っていたのですが

よく見ると”新型5シリーズの国際試乗会”と入っているではないですか。

キャストはダコタ・ファニング(上)や

クライブ・オーウェン(下)と豪華。

ストーリーは

ファニング(大きくなりました!)がクローン技術の鍵を握る人物で

ギャングとFBIが彼女の身柄の取り合いを始める

オーウェンスは5シリーズを駆る運び屋で

本来はプロとして仕事を淡々とこなすのですが

途中からファニングを自由にして

母親のもとに返してやろうという侠気を発揮。

チェイスや撃ち合いで5シリーズはボコボコになりながらも

無事目的達成というもの。

途中ヘリコプターをロープでひきずって地上に落としたりと

5シリーズ大活躍です。

日本のメーカーでは絶対にこういうムービーは作らないだろうなあと

感心して鑑賞しました。

ファニングといえばロゴリゴ・ガルシア作品

「美しい人」(2005年)で

かわいらしく(かなしい)演技が強く印象に残っています。

僕が大好きな作品ではまだ小さかった女の子が

こんなになあという感慨もありました。


ogawa fumio HP

小川フミオのホームページ フリーランスのライフスタイルジャーナリスト クルマ、グルメ、ファッション(ときどき)、多分野のプロダクト、人物インタビューなど さまざまなジャンルを手がける 編集とライティングともに得意分野で企業の仕事もときどき 「朝日新聞&M」「GQ」「UOMO」「openers」などライフスタイル系媒体に 紙とウェブともに寄稿中