CESのトヨタ

トヨタ自動車の「コンセプト愛i」(英語名はConcept I)が

ラスベガスの[CES(セス)」で公開されています。

自動運転(完全自動のレベル5)のコンセプトモデルですが

おもしろいのは「エージェント」を設定していること。

つまり人格をクルマにではなく

クルマと人間のあいだに設定していること。

エージェントがドライバーに「疲れていないですか」とか

「おもしろい道を見つけたのでそちらに回りましょう」とか

話しかけるかたちでマン・マシン・インターフェイスが成り立つようです。

そしてそのエージェントはスマホにも登場するようです。

すでに現在おおくのクルマでスマホを通じて

事前にナビゲーションのルート設定やエアコンの設定が出来るようになっており

その機能をエージェントというかたちにして拡大したのが

トヨタのアイディアなのです。

いま僕はちょうど浦沢直樹さんの「Pluto」を訳あっていっきに

読んでいましたが

人格化という観点は

なんだか近いものあるなあとひとり合点しています。

マンガの中ではロボット犬が”死んで”

登場人物が泣くシーンとか出てきますが

将来はクルマに対しても愛情とか抱くようになるのでしょうか。

それはいいことなのか。

いきなり2017年にそんなことまで考えさせるのが

トヨタコンセプト愛iでした。


ogawa fumio HP

小川フミオのホームページ フリーランスのライフスタイルジャーナリスト クルマ、グルメ、ファッション(ときどき)、多分野のプロダクト、人物インタビューなど さまざまなジャンルを手がける 編集とライティングともに得意分野で企業の仕事もときどき 「朝日新聞&M」「GQ」「UOMO」「openers」などライフスタイル系媒体に 紙とウェブともに寄稿中