Such Sweet Thunder

いま聴いているアルバムの1枚が「Such Sweet Thunder」(57年)

デューク・エリントンがシェイクスピア作品に

インスピレーションを得て

というかジャケットに書かれたように

シェイクスピアフェスティバルのために

作成されたアルバムということです。

最近引っ張り出しました。

なぜかというと仕事で読み返した村上春樹氏の

「国境の南、太陽の西」(92年)中で

重要なモチーフになっている

「Star-Crossed Lovers」が繰り返し出てくるからです。

「僕はその曲に長いあいだずっと心を引かれつづけていた」と

文中に出てきます。

ロミオとジュリエットをモチーフにしていて

ソプラノとアルト

2本のサクソフォンが二人の会話を再現するという

ロマンチックな仕立てです。

スウェーデンでのライブ盤

(In the Uncommon Market)にも収録されていて

それも好きです。



ogawa fumio HP

小川フミオのホームページ フリーランスのライフスタイルジャーナリスト クルマ、グルメ、ファッション(ときどき)、多分野のプロダクト、人物インタビューなど さまざまなジャンルを手がける 編集とライティングともに得意分野で企業の仕事もときどき 「朝日新聞&M」「GQ」「UOMO」「openers」などライフスタイル系媒体に 紙とウェブともに寄稿中