イタリアのデザインについて

GQ誌6月号(発売中)でイタリアの工業デザイン

(おもに家具)について書いています。

写真はアレッサンドロ・メンディーニのProust。

ポストモダニズムのデザインです。

イタリアの現代の家具の歴史は1950年代に端を発しています。

家具職人が多かったミラノが

戦後のベビーブームで人口が膨張し

郊外に住宅地がひろがったことがきっかけです。

新しい家具が欲しいミラノ人たちは最初

北欧家具に注目します。

それに焦ったミラノの会社が家具の見本市などを通じて

イタリアの新しい家具を宣伝するように。

同時に優秀なデザイナーたちがそこで仕事がもらえるということで

どっとこの世界に流入して

だいたい90年代までつづくイタリアの家具のブームが形成されました。

ところがいまは

メーカーは多いものの

名のあるデザイナーはイタリア人でないことが多くなっています。

オランダ人やフランス人などの活躍が目立ちます。

なぜか……?

というようなことを書いています。


ogawa fumio HP

小川フミオのホームページ フリーランスのライフスタイルジャーナリスト クルマ、グルメ、ファッション(ときどき)、多分野のプロダクト、人物インタビューなど さまざまなジャンルを手がける 編集とライティングともに得意分野で企業の仕事もときどき 「朝日新聞&M」「GQ」「UOMO」「openers」などライフスタイル系媒体に 紙とウェブともに寄稿中