ドアミラーの進化

高速などで隣りの車線の車両の存在を教えてくれるチカチカランプ。最近はドアミラーマウントタイプが増えている(ように思う)。

上はBMW440iのもの。三角だ(見ればわかるか)。

上はボルボの新型XC60のもの。BLISといってこのシステムをまっさきに導入したボルボの新型モデルではミラーに埋め込んである(見ればわかるか)。

こういう凝りかたがクルマをおもしろくしているのだ。海外はとくにそこがよくわかっている。無駄だと思うことはけっして無駄ではない。消費者には響いているはずだ。


ogawa fumio HP

小川フミオのホームページ フリーランスのライフスタイルジャーナリスト クルマ、グルメ、ファッション(ときどき)、多分野のプロダクト、人物インタビューなど さまざまなジャンルを手がける 編集とライティングともに得意分野で企業の仕事もときどき 「朝日新聞&M」「GQ」「UOMO」「openers」などライフスタイル系媒体に 紙とウェブともに寄稿中