日本で食べたくなるもの

ちょっと前に雑誌で「帰国メシ」なる取材を受けた。

そのときは神田小川町の「勝漫」をあげさせてもらった。

じつは私にはいつも猛烈に食べたくなるものがある。

赤坂の「青松」のピビンパだ。

キムチ食べ放題、パンチャンいろいろ、タラの香りのするスープつき。

玉子もちゃんと黄身が半熟の目玉焼きである。

ぐちゃぐちゃに混ぜて食べているとほんと至福の気分になる。


ogawa fumio HP

小川フミオのホームページ フリーランスのライフスタイルジャーナリスト。 クルマ、グルメ、ファッション(ときどき)、多分野のプロダクト、人物インタビューなど さまざまなジャンルを手がける。 編集とライティングともに得意分野で企業の仕事もときどき。 ライフスタイル系媒体を中心に 紙とウェブともに寄稿中。