ディアハンター4K復刻版

観よう観ようと思っていた「ディアハンター」の4K復刻版を恵比寿でようやく観た。

1978年に観ていらいだったので、メリルストリープってきれいだなあとか、クリストファーウォーケンって精悍だなあとか、改めて印象的だった。

映画は3時間4分あり、かなり冗長なのだが(とくに前半の1時間)、これがこの映画の持ち味かもしれない。

監督のマイケル・シミノはここで稼いだお金を注ぎ込んで1980年に「天国の門」(5時間長)を作って大ゴケしたわけだが、このロシア小説のような方法論がすべてには通用しないだろう。

ロシア小説のほうが長くても起伏に富んでいておもしろい。

ディアハンターは見終わったあとの印象はビターだが、がっつり印象が残る作品だ。

ベトナム人じゃないだろ、出てくるのは、と思って観ていたらロケはみなタイだった。

そのへんのアジア人観はアバウトなのだった。


ogawa fumio HP

小川フミオのホームページ フリーランスのライフスタイルジャーナリスト。 クルマ、グルメ、ファッション(ときどき)、多分野のプロダクト、人物インタビューなど さまざまなジャンルを手がける。 編集とライティングともに得意分野で企業の仕事もときどき。 ライフスタイル系媒体を中心に 紙とウェブともに寄稿中。