ジュネーブ自動車ショーでの発見

ジュネーブ自動車ショー(17日まで)はさっと見たら1時間で回れてしまうが、じっくり見たら2日でも終わらない。

それぐらい出展者の多いオモチャ箱のような楽しさを持ったショーである。

いろいろ原稿書いたけれど取り上げられなかったのが、じつは私がもっとも気に入った上記のクルマ。

クルマというのか 、農業用トラクターである、ただしランボルギーニの。

出展元はKlima Loungeというドイツの私設ミュージアムだ。

スチームパンク感がハンパでない。

トラクターにはクルマのカッコよさの基本が詰まっている、というのが私の持論。

大きなタイヤ、むき出しのエンジン、ひとり乗り、そして大トルク。

上の「Centenario」と名づけられたトラクターはオリジナルでない。

アベンタドールの同名モデルの770馬力の12気筒エンジンに4WDシステムを組み合わせたスペシャルだ。

限定で生産されるとのことである。

さらにもう1台1965年頃の「1R」も展示されていた。

このころはランボルギーニは乗用車に進出しており、350GTは発売ずみで、ミウラ(66年)前夜である。

ogawa fumio HP

小川フミオのホームページ フリーランスのライフスタイルジャーナリスト。 クルマ、グルメ、ファッション(ときどき)、多分野のプロダクト、人物インタビューなど さまざまなジャンルを手がける。 編集とライティングともに得意分野で企業の仕事もときどき。 ライフスタイル系媒体を中心に 紙とウェブともに寄稿中。