アテネのイヴォーク

新型になったランドローバーのレンジローバー・イヴォークでアテネ郊外を走った。

ルートにはオフロードがかなり含まれていて、このクルマはスタイリッシュさが命のモデルと思っていたが、オフロード性能の高さに感心した。

なかにはこんなふうに廃線のレールをまたがって走る場面もあった。

立ち入り禁止と書いてある。

その道の途中で橫を向くとこんな光景が展開している。

あちらにももう1本同様の線路橋があるのだ。

運転している私より助手席のひとのほうが緊張したようだ。

「途中で窓を開けて撮影するのは自由ですが、風が強いので、そこで(カメラとか電話を)下に取り落としたらもう二度と戻ってこないと思ってください」

ランドローバー側のスタッフにそう言われていた。

ちょっと緊張してしまった。


ogawa fumio HP

小川フミオのホームページ フリーランスのライフスタイルジャーナリスト。 クルマ、グルメ、ファッション(ときどき)、多分野のプロダクト、人物インタビューなど さまざまなジャンルを手がける。 編集とライティングともに得意分野で企業の仕事もときどき。 ライフスタイル系媒体を中心に 紙とウェブともに寄稿中。