アレンタウンにて

ガッチャンガッチャンと工場の音で始まるのがビリー・ジョールの「アレンタウン」だ。

私が好きなアルバム「ナイロンカーテン」に「グッドナイト・サイゴン」とともに収録されている。

このあいだNYCからクルマでペンシルバニア州のこのアレンタウンまで出かけた。

これはなかなかいいドライブである。

アレンタウンには大きなマーケットがあって、食べものが揃う。

これはパイの店。

ピックルス専門もあるしドーナッツ専門の店もあり、なかなかおもしろい。

麻布のNISSINが巨大化したような場所だ。

ここが縮小するとNISSINになるといったほうがおそらく正しいだろう。

でもパイもドーナットもきっとアメリカ人に言わせると自分で作ったほうがいい、となるのでは。

漬け物を買うようなものかも。

なにはともあれけっこう興奮した。




ogawa fumio HP

小川フミオのホームページ フリーランスのライフスタイルジャーナリスト。 クルマ、グルメ、ファッション(ときどき)、多分野のプロダクト、人物インタビューなど さまざまなジャンルを手がける。 編集とライティングともに得意分野で企業の仕事もときどき。 ライフスタイル系媒体を中心に 紙とウェブともに寄稿中。