ディテールが大事

クルマにあってディテールは大事だ。

たとえばセイフティベルトである。

BMWはアッパーアンカー(引きだし口)の滑車をじつによく考えていて、するするっと気持よくベルトを引き出せる。

いまのところBMWに勝る体験はない。

いっぽうメルセデスSクラスの場合ロワーアンカーに工夫がある。

照明が仕込まれているのだ。

効用のひとつは暗いところでもどれが自分用のアンカーだかわかりやすい。

もうひとつはなんとなくきれいで嬉しいという心理的なものだ。

セイフティベルトはハンドルと同じようにクルマに乗ったら最もからだに近いところにあるもので、締め付けトルクや首への当たり具合が気になる。

Sクラスの後席はパッドで覆っているように、多くのメーカーが「なにかをしたい」と思っている領域なのだろう。


ogawa fumio HP

小川フミオのホームページ フリーランスのライフスタイルジャーナリスト。 クルマ、グルメ、ファッション(ときどき)、多分野のプロダクト、人物インタビューなど さまざまなジャンルを手がける。 編集とライティングともに得意分野で企業の仕事もときどき。 ライフスタイル系媒体を中心に 紙とウェブともに寄稿中。