こんにちは、そして、さよなら

三菱パジェロがついに販売中止になる。

ディーゼル排ガスの問題などで日本では売り続けることをやめるのだ。

このあいだ「Final Edition」というモデルに試乗した。

3200ccの巨大な4気筒ディーゼルエンジンを搭載している。

外観はこんなだし、内装は古くさいんだが、じつは乗ると意外に味がある。

トルクがたっぷりあるし、乗り心地も悪くなくて、私は東名高速を走っているうちに、けっこう気に入ってしまった。

問題はステアリングスピードが遅いことで、慣れていないとすぐに切り遅れて外側に膨らんでしまう。

ここは大昔のクルマのようだ。

私はパジェロ世代(パリダカ、ユーミン、苗場)なのだが、世代ってだけで、個人的な思い出はあまりない。

このあいだあったかつての同僚女史は苗場にユーミン観にパジェロでいったわ、と話していたが。

453万円もするので、誰が買うのか疑問だが、買ったら買ったで、好きになれる要素がいろいろある。

それにしても三菱自動車のデザイナー、誰がここまでフロントマスクにクロームを使うのが好きなんだろう。

(最新の「eK X」は典型例)

これだけは理解できないゾ。


ogawa fumio HP

小川フミオのホームページ フリーランスのライフスタイルジャーナリスト。 クルマ、グルメ、ファッション(ときどき)、多分野のプロダクト、人物インタビューなど さまざまなジャンルを手がける。 編集とライティングともに得意分野で企業の仕事もときどき。 ライフスタイル系媒体を中心に 紙とウェブともに寄稿中。