ヤリスよくはしる

トヨタが2020年2月に発売を予定しているヴィッツの後継車「ヤリス」のプロトタイプ試乗会に参加。レンタカーをメインとした1リッターをのぞいてほぼすべての組合せに乗れるという楽しい内容だ。

ヤリスは、ベストセラーのホンダフィットと真正面からブツかるモデルで、しかも発売予定時期は2車ともにおなじ。とうぜん、気合いが入るだろう(まあ、気合いが入っていません、というモデルに出会ったことないけれど)

シャシーもボディもエンジンもドライブとレインも新開発のヤリス。「ドライバーの目線がぶれないように安定して走ることをめざしました」と開発者が言うだけあって、ボディの動きがいい。

パワープラントは1.5リッターガソリンと、1.5リッターガソリンのハイブリッドの2種類に乗った。ガソリンはマニュアル車がとても楽しく(日本では売れないけれどヤリスは欧州で売れるのでこの設定ははずせないとのこと)、ハイブリッドのE-four(後輪は電気モーターで駆動するAWD)はパワフルだし、全方位的によく出来ているモデルだった。

ogawa fumio HP

小川フミオのホームページ フリーランスのライフスタイルジャーナリスト。 クルマ、グルメ、ファッション(ときどき)、多分野のプロダクト、人物インタビューなど さまざまなジャンルを手がける。 編集とライティングともに得意分野で企業の仕事もときどき。 ライフスタイル系媒体を中心に 紙とウェブともに寄稿中。