蟹といえば

ひとつは上海蟹である。このあいだ六本木の「チャイナ三丁目」で食べた。こちら、中国飯店出身なので、たんなる蟹でなく、身とミソにさらに味を足した「料理」として出してくれる。

これは私の好きなオス。濃厚なねっとりした味はメスより上だろう。オスのほうがうまい生物はわりと少ないので、オスとしてはそこも評価したいポイント(←なに書いてんだか)

そしてもうひとつ蟹といえば、ずわいがになのだけれど、いまのところ、まだ食べられていない涙。季節終わる前に食べたいゾ


ogawa fumio HP

小川フミオのホームページ フリーランスのライフスタイルジャーナリスト。 クルマ、グルメ、ファッション(ときどき)、多分野のプロダクト、人物インタビューなど さまざまなジャンルを手がける。 編集とライティングともに得意分野で企業の仕事もときどき。 ライフスタイル系媒体を中心に 紙とウェブともに寄稿中。