意外なほどよかったCT

レクサスのコンパクトハッチバック「CT」にじつに久しぶりに試乗。いまさらなあと思っていたけれど、意外なほどよかった。

2011年に当時のプリウスのシャシーを使って開発されたのがレクサスCTだ。当時はなんとなく物足りなさを感じていたが、じつはいま乗ると、車体が軽くて、予想以上にキモチよく走ることがわかった。

乗り心地もけっこうよくて、これ、街中でおおいにアリだと思った。スタイリングも上の画像を見てもらえると、バランスがよくて、オーソドクスだけれど、それゆえ、いいかんじではないか。

レクサスといえば、2019年にコスタリカで、初代LSを乗ったときも、軽快で、とてもいい印象を受けた。クルマは軽さがすべて、というスポーツカー開発者の言葉がある。昨今、安全設計などでどんどん大型化および重量化するなか、CTならではの個性が意外に光るのだった。


ogawa fumio HP

小川フミオのホームページ フリーランスのライフスタイルジャーナリスト。 クルマ、グルメ、ファッション(ときどき)、多分野のプロダクト、人物インタビューなど さまざまなジャンルを手がける。 編集とライティングともに得意分野で企業の仕事もときどき。 ライフスタイル系媒体を中心に 紙とウェブともに寄稿中。