最近のランチ(威張れませんが)

このところの外食は地味〜なかんじ。でもなんだか男心をそそるものも。上は駒沢「バワリーキッチン」のチキンライス。量も男っぽくかなりある。ここはなんだかなごむ。

こちら二子玉川の「パリヤ」で。ブッフェ形式で、3品とか4品と決めて、前菜、メイン、付け合わせなどととっていく。ここはもともとアパレルを中心に事業展開するマッシュホールディングスのデリ業態の店。

女性にものすごく人気で、私が入ったときも店内には女性しかいなかった。味は悪くないけれど店員といまひとつコミュニケーションがとりにくいので、好みのものが手に入るかは絶対的な保証はない。それと盛り付けにやたら時間がかかる。長蛇の行列ができるゆえんだ。

神保町で寄った「スマトラカレー共栄堂」のポークカレー。私が20代前半から通っているからそうとう長いつきあいだ。当時よりいまのほうが味がよくなっている希有なお店。

むかしは神保町でカレーといえば、圧倒的に「エチオピア」が好きだったが、共栄堂は店内で落ちけるし、いまはこっちかなあ。あとごぶさたしているけれど猿楽町には「カーマ」もあって、こちらも一時期毎日のように通ったもの。

銀座・花椿通りの「維新號(いしんごう)」で、名物の肉まんとそばのセット。このときのそばは「担々麺」。ピーナツのいい香りがじつによかった。広い店内がものすごく混んでいて、いまも人気が高いことがわかった。


ogawa fumio HP

小川フミオのホームページ フリーランスのライフスタイルジャーナリスト。 クルマ、グルメ、ファッション(ときどき)、多分野のプロダクト、人物インタビューなど さまざまなジャンルを手がける。 編集とライティングともに得意分野で企業の仕事もときどき。 ライフスタイル系媒体を中心に 紙とウェブともに寄稿中。