ミッドタウンのアストン

このあいだの週末、アストンマーティンジャパンが、新型車「バンテージロードスター」を東京ミッドタウン(六本木)で展示した。

僕は頼まれて取材に出かけた。感心したのは、この2人乗りのロードスター(オープンのスポーツカー)、本来は3月初旬のジュネーブ自動車ショーで公開される予定なんだそうだ。

日本にはそれより早く届けられた。

「ショーに間に合うように(欧州に)戻すのか?」と訊いたら、「しばらく日本で保管してていいよ」と本社から言われたそうだ。

510馬力の4リッターV8エンジン搭載で、展示車両は8段オートマチック搭載であるいっぽう、7段マニュアルという仕様も作られた。

アストンはこのところ7段マニュアルを各モデル(バンテージ、バンテージAMR)にも設定。運転しやすいようにトルク値とかリアサスペンションまわりのセッティングを変更しているようだ。

ogawa fumio HP

小川フミオのホームページ フリーランスのライフスタイルジャーナリスト。 クルマ、グルメ、ファッション(ときどき)、多分野のプロダクト、人物インタビューなど さまざまなジャンルを手がける。 編集とライティングともに得意分野で企業の仕事もときどき。 ライフスタイル系媒体を中心に 紙とウェブともに寄稿中。