JAIAの4C

外国車の日本法人やインポーターで構成されている「日本自動車輸入組合」(通称JAIA=ジャイア)主催の試乗会が先日開かれた。

私はここを先途とばかり、乗り逃がしていたモデルを手当たりしだい。GQの取材もあったので、なかには久しぶりの”再会”となるクルマもある。アルファ4Cスパイダーなどはその1台だ。

これは、すごい。ひさしぶりに乗ったら、こんなにスポーツカーだったのか、とあらためてビックリした。たいていのスポーツカーはGT的な性格も持っていて、長距離走るのも楽なのだけれど、これはちがう。

すごいところは、時速60キロだろうと、200キロに感じさせるところだ。音と振動とが、速度感を生み出している。操舵感覚は超クイック。自分との戦いだ。

アルファロメオはこのクルマと、セダンのジュリア・ベローチェがまさに、ピュアな運転を楽しませてくれるモデル。ブランドイメージでは、いまさらアルファ?と思うひとがいるかもしれないけれど、乗って損はないかんじだ。

もう生産中止されているという噂もあり、それを聞くと、買っといたほうがいいか、という気持になる。

ogawa fumio HP

小川フミオのホームページ フリーランスのライフスタイルジャーナリスト。 クルマ、グルメ、ファッション(ときどき)、多分野のプロダクト、人物インタビューなど さまざまなジャンルを手がける。 編集とライティングともに得意分野で企業の仕事もときどき。 ライフスタイル系媒体を中心に 紙とウェブともに寄稿中。