床拭きはロボットで

先日購入した床拭きロボット掃除機。購買に踏み切った理由は、知人たちから「床拭きロボットはいい!」といろいろ聞いていたので。

床拭くのはけっこうツラいので、ここはロボットにまかせようと。

家具などの脚にぶつかると、後退して向きを変えていく。ただしパナのものは部屋ぜんたいのプランは把握しないので、ていねいに、基本的に拭き残しなし、というわけにはいかない。

よーく観察していると同じ所を何度も往復していたりする。

おもしろいのは持ち上げるとリセットされてしまい、最初からやり直しになること。期限を損ねてんじゃないかと擬人化して、私などはみている。

あと、玄関などに段差があるばあい、センサーで感知して回避するとあったが、ときどき落ちてそこで停止していることも。靴があるせいかもしれない。

あと、棚の下に入り込んでコードにからんでそこで絶命したり。

そこもかわゆさととらえればいいのだが、ホントにこの買い物はいい買い物だったのか、疑問に思わないでもない。がんがん使っているうちに、だんだん使いかたをマスターするのかもしれないが。


ogawa fumio HP

小川フミオのホームページ フリーランスのライフスタイルジャーナリスト。 クルマ、グルメ、ファッション(ときどき)、多分野のプロダクト、人物インタビューなど さまざまなジャンルを手がける。 編集とライティングともに得意分野で企業の仕事もときどき。 ライフスタイル系媒体を中心に 紙とウェブともに寄稿中。