山形緞通は500万円超のじゅうたん

山形緞通という日本ではわずか2社しかない

手織りで羊毛緞通(高級じゅうたん)を手がける会社。

このあいだ東京ビッグサイトでの

「インテリアライフスタイルリビング」で新作を見ました。

オリエンタルカーペット株式会社という1935年創業のメーカーで

皇居からバチカンまでが納品先。

糸から織りまですべて熟練職人が手がけるため

高いものは500万円を超えています(価格を決めるのは手間のかかりかた)。

上の画像はおなじ山形出身の工業デザイナー

奥山清行氏が手がけた「デザイナーライン」(いくつかラインがある)の新作。

手前が「HAMON」(200×200センチで40万円)。

盛り上がっているのがとてもおもしろい。

そうそう簡単には作れないだろうという出来です。

となりは過去の「SEKKEI」という作品。

自然をモチーフにているのと色のグラデーションを特徴にしています、とは

会場で会った同社の渡辺社長の弁。

もっとも手がかかっている「クラシックライン」(ここに500万円超のものがある)では

職人が丁寧に浮き彫りをするなど染色だけでなく

絵画でいえばマチエールのような質感が見事だなと僕ですら感心する出来ばえ。

会場ではこんなふうに有田焼が

内外のデザイナーを起用しての「2016/」

(ニイゼロイチロクプロジェクト)という展示も興味ぶかいものでした。

佐賀県とオランダとのコラボレーションだそうで

これなどすごい色めと質感(ざらついています)

クリエイティブディレクターを務める柳原照弘氏とショルテン&バーイングスは

佐賀県にある16の窯元・商社と

16組の国際的に活躍するデザイナーたちとプロジェクトを立ち上げた、と説明にあります。

「国際的に活躍するデザイナーが意図的に持ち込む新鮮な視点により

現代の使い手にも有田焼を提案します」とのこと。


ほかにも興味ぶかい出展いろいろで

時間がなかったのが悔やまれます

ogawa fumio HP

小川フミオのホームページ フリーランスのライフスタイルジャーナリスト。 クルマ、グルメ、ファッション(ときどき)、多分野のプロダクト、人物インタビューなど さまざまなジャンルを手がける。 編集とライティングともに得意分野で企業の仕事もときどき。 ライフスタイル系媒体を中心に 紙とウェブともに寄稿中。