マッチョなランチ弁当

世田谷区等々力の我が家のそばには、昼だけ営業の弁当屋さんがある。ほとんど行かないのだけど、このあいだ前を通りかかったら、結構な人気ぶりだったので、興味を掻き立てられた。
おばちゃんたちが明るく応対さてくれるのも、とてもよい。
そこで久しぶりに足を運び注文したのが、揚げ物弁当。このビジュアルでわかるとおり、エビフライ、唐揚げ、ひと口カツで出来ている。これで800円なり。
まあ、悪くない。油ももたれない。いい歳して食べる内容ではない、という意見もあるけど、男は揚げ物の魅力に抗えないのだ。
残念なのは、付け合わせというか口直しがありきとりなこと。それにもうひとつ、ソースが出来合いのものを使うこと。オリジナルソースで勝負してもらいたいと思う。
それだと、カツのパリパリ感が損なわれるという危惧もあるかもしれないけど、容器の蓋を閉めた時点で、そういうものは諦めなくてはいけないことを買うほうも覚悟しているわけで。
なににしても、このとき思ったのは、弁当って心躍らせるものがある、ということだ。

ogawa fumio HP

小川フミオのホームページ フリーランスのライフスタイルジャーナリスト。 クルマ、グルメ、ファッション(ときどき)、多分野のプロダクト、人物インタビューなど さまざまなジャンルを手がける。 編集とライティングともに得意分野で企業の仕事もときどき。 ライフスタイル系媒体を中心に 紙とウェブともに寄稿中。