ペンタングルのブーム

さいきんよく聴いているのが、ペンタングル。これなんか、わざわざDiscogsで買ってとり寄せた英トランスアトランティックのオリジナル盤。
つい、買うならオリジナル盤の、しかもマトリックス番号の若いものを、となってしまう。意味のある場合もあるし、ほとんどそこが重要視されていないアルバムもある。このSweet Child、CD聴いていないんで比較を語れないけど、昔出たCDしかないときは、私は迷わずビニール盤を選ぶようにしている。
で、いいんだよなー。ジョンレンボーンとバートヤンシュのギターが。
私はそもそも、ギターアルバムが好きなので、いまさらながらのペンタングルブームも、言ってみれば、ジャンゴラインハルトや、ウェスモンゴメリーを聴き直すみたいなもの。ギターアルバムのいいところは、音が古びて聞こえない点だ、と思っている。


ogawa fumio HP

小川フミオのホームページ フリーランスのライフスタイルジャーナリスト。 クルマ、グルメ、ファッション(ときどき)、多分野のプロダクト、人物インタビューなど さまざまなジャンルを手がける。 編集とライティングともに得意分野で企業の仕事もときどき。 ライフスタイル系媒体を中心に 紙とウェブともに寄稿中。