だいたい失望する一品

見ると頼みたくなってしまうのが、カツカレー。だいたいにおいて、カツとカレーライスとはそんなに相性がよくないとおもっているんだけど、頼まずにはいられない。
でも高速のサービスエリアだとカツのクオリティが低くて、たいてい失望。油のせいで食べきれないこともある。もちろん、食べきらなくてもいいんだが。ここでいいってとこで、パッといさぎよく止めるのが、健康にいいんだ、と私整体の先生に言われてる。
高速では、しょうが焼きたのんでおけば、間違いない。わかっているのに、今回はおいしいんじゃないかって頼んでしまう。それがカツカレーの魔力である。
でも、たとえば高速サービスエリアのレストランは、高い金とってるんだから、真摯な姿勢で、カツカレー作って欲しい。それから、学食みたいに客に器下げさせるのもやめにしてほしい。

ogawa fumio HP

小川フミオのホームページ フリーランスのライフスタイルジャーナリスト。 クルマ、グルメ、ファッション(ときどき)、多分野のプロダクト、人物インタビューなど さまざまなジャンルを手がける。 編集とライティングともに得意分野で企業の仕事もときどき。 ライフスタイル系媒体を中心に 紙とウェブともに寄稿中。