ベストマッチ

すこし前の話になるけれど、GQの稲垣さんが借りてくれたフィアット・ヌオーバ500evなるクルマにいたく感心してしまった。ベースはむかしのチンクエチェントで、中身はそれを電気自動車にコンバート。

これがじつにスムーズに走って、このクルマのイメージにぴったりなのだ。ヌオーバ500はさすがに非力で、80年代にイタリアで乗ったときですら、「遅っ」と思ったぐらいだから、いまの東京でなんて乗れたもんじゃない(いや、いまのほうが流れはジェントルかな)。

このEVはトルクがたっぷりある電気モーターの特性で、するするするっとじつにキモチよく加速していく。ブレーキには不安があったけれど、時速80キロていどなら車体も軽いし、まったく不安なし。むしろトヨタ2000GTのほうが、加速性とブレーキのアンバランスさゆえ、今乗ると怖い。

ogawa fumio HP

小川フミオのホームページ フリーランスのライフスタイルジャーナリスト。 クルマ、グルメ、ファッション(ときどき)、多分野のプロダクト、人物インタビューなど さまざまなジャンルを手がける。 編集とライティングともに得意分野で企業の仕事もときどき。 ライフスタイル系媒体を中心に 紙とウェブともに寄稿中。