広島でもドライ

広島市も16日から、緊急事態宣言発令。ということで、飲食街は軒並み休業。あるいは良くて、時短営業。ただし、ドライ。つまり、酒の提供なし。

広島空港でもこんなかんじに。空港の店が閉まってしまうと困るだろうに。ここの空港では、食べるのは広い共用スペースを使うことができるので、一軒やっていれば、食べられないことはないだろう。
そもそもいまは、昼はフライトがないので、客が来ない。店にとっては、こうなったら休むしかない、という状況に追い込まれているのだ。
市内も同様。私は、市内で仕事の打ち合わせをしたあと、繁華街を通ってホテルに帰る途中、やっている店をほとんど見つけられなかった。東京のようだ。
観光客によく知られた「お好み村」もこのありさま。

ogawa fumio HP

小川フミオのホームページ フリーランスのライフスタイルジャーナリスト。 クルマ、グルメ、ファッション(ときどき)、多分野のプロダクト、人物インタビューなど さまざまなジャンルを手がける。 編集とライティングともに得意分野で企業の仕事もときどき。 ライフスタイル系媒体を中心に 紙とウェブともに寄稿中。