高いといえば高いが

アウディA3シリーズの試乗会があって、まず日本に導入される、2つのモデルに乗った。ひとつは1リッターのA3、もう一つは2リッターで4輪駆動のS3。
どちらもかなりよい。しっかり走る。A3もコーナリングの安定性など、まったく手抜きのないかんじがすごい。
乗ってすぐに、これはいい!と思えるのは、パワフルなエンジンに、電子制御ダンパー(オプション)の装備されたS3だ。
ラインナップのe-tron化(ピュアEVの商品群を増やす)を進める一方、エンジン車もしっかり作るのはすごいと感心する。
価格は600万円台後半なので、安くはない。でもこういうクルマにサラッと乗るのはいいかもしれないね、と現場で一緒に行った編集と話し合った。

ogawa fumio HP

小川フミオのホームページ フリーランスのライフスタイルジャーナリスト。 クルマ、グルメ、ファッション(ときどき)、多分野のプロダクト、人物インタビューなど さまざまなジャンルを手がける。 編集とライティングともに得意分野で企業の仕事もときどき。 ライフスタイル系媒体を中心に 紙とウェブともに寄稿中。