アヴェンタドールSはすごかったと改めて

ランボルギーニ・アヴェンタドールSの試乗記を

GQのウェブサイトで書いています。

いまさらながら楽しい体験だったと思い出します

本文にも書いたけれどバレンシアは異例の大雨で

山間部は積雪でそちらでの試乗は中止

「それでもあなたたちはまだラッキー。

前の日のひとたちはサーキットでの試乗も

中断になったんですから」とのことでした。


これは僕が好きなカット

このクルマのカッコよさがばっちり映っているように思います。

アウディで経験を積んだ

作り込みの品質と

ドイツ人がイタリア人のいいところを採り入れようと

努力した結果の

エモーショナルさをロジカルに解釈した独特なスタイリング。

日本人にはピンとくる存在感はそんなところにもあるわけです。


これはリアウィンドウのところだけれど

こんな造型フツウないでしょというほどの大胆さ。

でも角度とか精度とか

ドイツ的にきちんと出ているわけです。

乗ってもすごいけれど観てもすごい。

特別なクルマなわけです。

朝日新聞のサイトでも書いています。

ogawa fumio HP

小川フミオのホームページ フリーランスのライフスタイルジャーナリスト。 クルマ、グルメ、ファッション(ときどき)、多分野のプロダクト、人物インタビューなど さまざまなジャンルを手がける。 編集とライティングともに得意分野で企業の仕事もときどき。 ライフスタイル系媒体を中心に 紙とウェブともに寄稿中。