イームズと骸骨

チャールズとレイのイームズ夫妻はメキシコから大きな影響を受けていた。ということを朝日新聞「&トラベル」の原稿に書いている。まだ公開されていないけれど。

この骸骨バンドもふたりのコレクション。先月でかけたロサンジェルスのLACMA(=ラクマ/ロサンジェルスカウンティ美術館)における「Found in Translation: Design in California and Mexico, 1915–1985」で見つけた。

この展示はカリフォルニアを中心に米国の建築、アート、ファッションなどがいかにメキシコからのインスピレーションを使っていたかを検証したもの。

下のビデオはイームズが1957年に作った「死者の日」の記録ビデオ。フォークアートに注目した作品でおもしろい。

ogawa fumio HP

小川フミオのホームページ フリーランスのライフスタイルジャーナリスト。 クルマ、グルメ、ファッション(ときどき)、多分野のプロダクト、人物インタビューなど さまざまなジャンルを手がける。 編集とライティングともに得意分野で企業の仕事もときどき。 ライフスタイル系媒体を中心に 紙とウェブともに寄稿中。