カルカッソンヌのストライプ

出張で訪れた仏ラングドック=ルシオン地方の中世都市カルカッソンヌ。

かつてはケルト人がいたものの、ローマ人の支配に代わり、シテと呼ばれる城壁都市がかたちづくらられたのは13世紀からとか。

いまはスイス人アーティスト、フェリス・バリニ Felice Variniの手による黄色いストライプがどんっと。眼をひく。

バリニはなんでもストライプをつけてしまうひとで、ホームページを見ると眼がちかちかするだろうが、なかなか興味ぶかい発見があると思う

ホテルではなにかの記念(アニバーサリー)と言っていた。

なんのためのストライプ(アルミテープらしい)なのか。

どうもユネスコ世界遺産登録20周年を記念してのインスタレーションのようだ。

こんなふうに街へと入っていく。

よくこんなもの建てたなあと感心しきり。

泊まったのはさきの城壁のすぐ近くの

Hotel de la Cite

ちゃんとした格式あるホテルで雰囲気がよい。

カーテンがちゃんとしまらないのでプライバシー的にはいまいちだが。

バーもよいかんじである。

こういうところではジンを頼むのは気がひけてしまう。フランスやイタリアにはおもしろいジンが多いのだが。

もうひとつ印象ぶかかったのは朝食。

さすが南仏。

チーズとハムのオムレツ、美味である。

アングロサクソンのものとは違う。思い込みか?

シアワセな味なのだ。

ただしゆっくり出来なくて、早朝には慌ただしく発つことになった。

ogawa fumio HP

小川フミオのホームページ フリーランスのライフスタイルジャーナリスト。 クルマ、グルメ、ファッション(ときどき)、多分野のプロダクト、人物インタビューなど さまざまなジャンルを手がける。 編集とライティングともに得意分野で企業の仕事もときどき。 ライフスタイル系媒体を中心に 紙とウェブともに寄稿中。