アマンガニ

ロールスロイスがカリナンの試乗会のために用意してくれたホテルは「アマンガニAmangani」。

要するに、あのアマンである。

部屋にはテラスがついてそこから広大という表現がぴったりの自然が見える。

到着した日はテラスで(寒いけれど)気持ちいいなあと過ごしていたが、翌日からは大風で、木が飛んできそうだったので、この楽しみも中止に。

アマンだけれど自分でブッキングしたわけではないからだろう、誰も私を名前で呼んでくれなかった。

米国の旅行サイトの書き込みにも同様の意見が散見されている。

東南アジアのアマンリゾートとはちょっと違うのだな。

これは朝食の「Huevos Rancheros」。

メキシコふう卵料理で下にはブラックビーンが入っている。

けっこう好みの味。

下は「Signature Breakfast」とアマンガニが呼ぶ朝食セット。


左のソーセージはカリブー(トナカイ)のもの。

豚のように脂のおいしさはない、ニュートラル?な味。

ムースの肉もおいしいらしいが食べられなかった。

私はアメリカではパンはもっぱらマフィンに焦げ目をつけてもらったものか、あればサワードーSour Daugh。

アメリカのパンもおいしいのだけれど日本ではなかなか食べられないのは残念だ。


ogawa fumio HP

小川フミオのホームページ フリーランスのライフスタイルジャーナリスト。 クルマ、グルメ、ファッション(ときどき)、多分野のプロダクト、人物インタビューなど さまざまなジャンルを手がける。 編集とライティングともに得意分野で企業の仕事もときどき。 ライフスタイル系媒体を中心に 紙とウェブともに寄稿中。