イベリコ酢豚なるもの

浅草橋駅そば「水新菜館」のイベリコ酢豚だ。

私は昔より酸っぱいものが苦手になってきているのだが、酢豚はつい食べたくなる。

中国料理で好きなものは?と尋ねられたら、上海蟹とか浮き袋とか別にすると、酢豚とカニタマだ。

それでここんちでも酢豚。

混んでいるけれどとてもかんじのいいお店で、行列が出来るのもわかる。

イベリコ酢豚は価格には見合わない味なのだが、そもそもイベリコ豚を使うよりふつうに脂がおいしい豚でいいかもしれない。

常連さんはみなあんかけ焼きそばを頼む。

ogawa fumio HP

小川フミオのホームページ フリーランスのライフスタイルジャーナリスト。 クルマ、グルメ、ファッション(ときどき)、多分野のプロダクト、人物インタビューなど さまざまなジャンルを手がける。 編集とライティングともに得意分野で企業の仕事もときどき。 ライフスタイル系媒体を中心に 紙とウェブともに寄稿中。