これがボンドの飲み物か

このあいだ、ボランジェの素晴らしいものをいただいちゃいました。フタを開けるとボトルがゆっくり立ち上がる仕掛けもすごい。
味もすごい。言ってみれば、潮の香が口中に広がる。
フランスはランスの、1億5000万年前は海底だった石灰質の地層で育ったブドウゆえの芳香などと言われる。
まあ、ほんとのところはどうなんだろ。
ウソというか、思い込みでもいいのである。高いシャンパンは、こういうところが楽しめるのだ。
アストンマーティンさん、ごちそうさまでした。

ogawa fumio HP

小川フミオのホームページ フリーランスのライフスタイルジャーナリスト。 クルマ、グルメ、ファッション(ときどき)、多分野のプロダクト、人物インタビューなど さまざまなジャンルを手がける。 編集とライティングともに得意分野で企業の仕事もときどき。 ライフスタイル系媒体を中心に 紙とウェブともに寄稿中。