ぼくが好きなクルマ

これはランチア・ストラトスゼロ

仕事で古いクルマの画像を探していたら見つけました

ぼくがとても好きなクルマ(というかデザイン)です。

カロッツェリアベルトーネが1970年に手がけています。

これが発展してストラトス(71年)になり

あれはあれですごいと思いますが

このゼロのすさまじさにはかないません。

ぼくはむかしパリのパンタン門の外側になった

自動車博物館のプロトタイプ展(みたいな展示)で

実車にお目にかかり

あの球形(円形でなく)のステアリングホイールのセンターパッドも

ホンモノを見られて感激した記憶があります。

イメージソースは

ひょっとしたら米国で流行っていた

フォルクスワーゲンなどのシャシーに

FRPのボディをかぶせたデューンバギーあたりでは?などとも

思っていますが

とにかくカッコいい。

自動車に「スタイリング」という言葉があり

それがエンジニアリングと結びついていた

黄金期ならではのデザインです。

ogawa fumio HP

小川フミオのホームページ フリーランスのライフスタイルジャーナリスト。 クルマ、グルメ、ファッション(ときどき)、多分野のプロダクト、人物インタビューなど さまざまなジャンルを手がける。 編集とライティングともに得意分野で企業の仕事もときどき。 ライフスタイル系媒体を中心に 紙とウェブともに寄稿中。