豚バラ三連発

このところやたら豚バラです。このあいだドイツで豚肉を何回か食べる機会があり思ったのですが、外国は脂を楽しまない。いっぽうアジアは豚の脂の味を楽しむ。そんなちがいがあるように思います。

上は有楽町「慶楽」。見てのとおり、男が大好きな豚バラご飯です。味付けも適当で、いいかんじ。キャベツをなんらかのかたちで添えたら合いそうだと思いませんか?

こちらは神宮前「雷庵」のランチ。豚バラ丼とここには写っていないけれど、冷やしゴマだれそばのセットです。けっして悪くないけれど豚バラはもうすこし熱々もよりよいだろうなあと思いました。元気のでるランチです。

そしておなじ週のうちに浜松町駅前「麺屋武蔵」で。ほんとうはちがうものをと思っていたのに自動販売機の操作を間違えて豚バラ肉を追加してしまいました。ここのはラーメンに合わせてでしょう。しっかりいた噛み応えと、独特の味付けです。

中国、(いちおう)和、そしてラーメン。三者三様の豚バラ肉。それにしても思ったのは、ぼくは豚バラ肉に飽きないということでした。


ogawa fumio HP

小川フミオのホームページ フリーランスのライフスタイルジャーナリスト。 クルマ、グルメ、ファッション(ときどき)、多分野のプロダクト、人物インタビューなど さまざまなジャンルを手がける。 編集とライティングともに得意分野で企業の仕事もときどき。 ライフスタイル系媒体を中心に 紙とウェブともに寄稿中。