2017年のベストカーは

ENGINE誌2月号(発売中)に依頼されてぼくが選んだ2017年のベストカーは。

2017年はけっこういいクルマが多くて、とりわけ印象に残っているのは日本車のがんばりだということを書いた。

トヨタ、レクサス、ホンダ、マツダ、スバル、ダイハツ(ほかは未試乗)からいいクルマがいろいろ発表された年だった。

そこでぼくがトップに推したのがマツダCX-8。こう見えて最大7人乗りのMPVである。

エンジンは2.2リッターディーゼルのみ。駆動方式は前輪駆動とAWD(4輪駆動)。シートは3種類。グレードは装備の違いで3つ。

グレードをしぼるというのはトヨタのような大メーカーをのぞいて、多くのメーカーが最近採用している方針だ。シビックなど装備によるグレードは設けていない。

このCX-8は米国市場向けに出しているCX-9を縮小したようなモデル。エンジンの燃焼技術、ターボチャージャーのシステム、サスペンションシステムと、走りに関係あるところは日本に合わせてファインチューニングしている。

マツダのクルマは新車が出るごとによくなっているかんじで、CX-8にもファインチューニングの効果がしっかりでているかんじで、乗り心地は快適で、ハンドリングも意外なほどよい。

ぼくが自分で買うなら、3種類あるセカンドシートのうち、アームレスト付き独立型セカンドシートにセンターウォークスルー機構がついたものが機能的でいい。

トップグレードはいい雰囲気のレザーシートなのだが、センターにぜいたくな雰囲気のコンソールボックスが備わる。そのぶんウォークスルー機構がなくなり、サードシートの使い勝手はいまひとつになってしまう。

ogawa fumio HP

小川フミオのホームページ フリーランスのライフスタイルジャーナリスト。 クルマ、グルメ、ファッション(ときどき)、多分野のプロダクト、人物インタビューなど さまざまなジャンルを手がける。 編集とライティングともに得意分野で企業の仕事もときどき。 ライフスタイル系媒体を中心に 紙とウェブともに寄稿中。