旧日向邸別邸はいい香り

熱海の丘にある「旧日向邸別邸」は一部をブルーノタウトが手入れしたことで知られる。とてもいいかんじの建物だ。

「アジア貿易で活躍した日向利兵衛が別邸の離れとして1936年(昭和11年 )に竣工。 ドイツ人建築家、ブルーノ・タウトが日本に残した唯一現存する建築で、重要文化財にも指定」

上は「あたみニュース」からの抜粋。先日この上にあるリゾートホテルで「ENGINE」誌の撮影を行った。

そのとき中は入れない(週末のみ予約で公開)ので塀ごしに相模湾の景色を楽しもうと階段を降りていった(リゾートホテルは写真中央の石段の上)。

すると梅が満開。じつにいい香りをあたりに漂わせていた。熱海はもう春がそこまで来ているのだな。熱海は新しい店がどんどん出来ているし”探検”したら楽しいかもしれない。

ogawa fumio HP

小川フミオのホームページ フリーランスのライフスタイルジャーナリスト。 クルマ、グルメ、ファッション(ときどき)、多分野のプロダクト、人物インタビューなど さまざまなジャンルを手がける。 編集とライティングともに得意分野で企業の仕事もときどき。 ライフスタイル系媒体を中心に 紙とウェブともに寄稿中。