見えないから見えるに

さきごろフルモデルチェンジしたスバル・フォレスターに試乗した。

じつはフォレスターは、アウトバックと並んでスバルの二大ベストセラーなのだそうだ。

乗るとよく出来ている。

2.5リッターガソリンエンジン車とハイブリッドエンジン車の2本立て。

先代はすこし粗削りな走りだったが、今回は洗練されている。

ちょっと路面が悪くてもタイヤがしっかり接地。

ハンドリングもダイレクト感が増している。

見かけはあまり変わっていない。

下が先代。

違うのはショルダーラインである。

新型はショルダーラインを廃してリアクォーターパネルに一枚感を出している。

それとウィンドウのラインがキックアップしているのを強調している。

それで躍動感を出しているとデザインを統括したひとが教えてくれた。

ぼくはこれまであまり意識していなかった車種だが、この試乗でよさを見直した。

すると路上でいかに多くのフォレスターが走っているか、いきなり目につくようになった。

なるほど売れているわけだ。

上はもっとも人気の高い2.5リッター「X-BREAK」の最新版。

オレンジ色にメタリックが入るようになった。

シート地も撥水性ファブリックでスポーツギア感を強く打ち出しているのが「X-BREAK」の特徴だ。

そもそもこのモデルのネーミングの由来がおもしろい。

市場の最大ライバル、日産Xトレイルを打破するという意味を込めていたらしい。

これを教えてくれたのは自動車ジャーナリストの山本シンヤさん。

あとで開発責任者に「その目的な達成できましたか?」と尋ねると、「え、そんな意味があったんですかね……いやあったかもしれませんね」と反応された。

室内はかなり広いし、いい出来の”道具”である。

ogawa fumio HP

小川フミオのホームページ フリーランスのライフスタイルジャーナリスト。 クルマ、グルメ、ファッション(ときどき)、多分野のプロダクト、人物インタビューなど さまざまなジャンルを手がける。 編集とライティングともに得意分野で企業の仕事もときどき。 ライフスタイル系媒体を中心に 紙とウェブともに寄稿中。