氷河は意外に静かでなかった

アイスランドにランボルギーニ・ウルスの試乗で出かけた。

10月のアイスランドは身が切られるような寒さだ。

薄めのダウンパーカでは役に立たない。

ウールキャップもマスト。

手袋がないと手が凍って落ちそうだった。

二度目なのに甘かった。

上の画像、左のほうに広がる白い帯は氷河なのだ。

近くまでウルスで走りに行くところ。

道が黒いのは火山灰のせいだ。

近くにいくとこんなかんじだった。

氷が浮いている。

観ていたら突然大きな音が。

ひとつおおきな氷の塊が崩れて水に落ちたのだった。

そのあと波がいつまでも起きていた。

氷河はせいひつな世界だと思ったいたが意外に音があった。

「こんなの初めてだ」とガイドのひとは言っていた。


ここの湖にぷかぷか浮いている氷は「だいたい300年ぐらいかけて作られたもの」だそうだ。

「これをウィスキーに入れるのが好きなひといますよね」とアイスランド人のガイドさん。

「なかなか溶けないんですよ」とのこと。

凝縮度のせいだろう。


ogawa fumio HP

小川フミオのホームページ フリーランスのライフスタイルジャーナリスト。 クルマ、グルメ、ファッション(ときどき)、多分野のプロダクト、人物インタビューなど さまざまなジャンルを手がける。 編集とライティングともに得意分野で企業の仕事もときどき。 ライフスタイル系媒体を中心に 紙とウェブともに寄稿中。