2019年にほしいもの

2019年の目標をいえ、と家人に言われ、「レコードプレイヤーが欲しい」と答えて苦笑された。

いまちょっといいレコードプレイヤーが欲しいのである。

上の写真はハーマンインターショナルの視聴室で体験できたマークレビンソンの「No515」だ。

価格をいうのもなんだけれど100万円での限定とか。

米のプレイヤーメーカー、VPIと共同で作ったものという。

アームつき。

カートリッジはオルトフォンの「MC-Q30S」だった。

レコードの上に載っているステンレススチール製のスタイビライザーはマークレビンソンのアイコンともいえるコントロールノブをかたどったものだ。

あとはモノラルパワーアンプ「No534」を2基使い、JBLエベレストとの組み合わせだ。

これでマイルスの「ラウンドミッドナイト」のビニール盤を聴かせてもらった。

すごい音である。

ブレスのニュアンスまでわかる。

もちろんターンテーブルだけの効用ではないのだが。

ヤマハがまもなく「GT-5000」というターンテーブルを発売するし、(DDだけれど)テクニクスの「SL-1200G」(ここには「SL-1000R」もあるが)も気になる。


ogawa fumio HP

小川フミオのホームページ フリーランスのライフスタイルジャーナリスト。 クルマ、グルメ、ファッション(ときどき)、多分野のプロダクト、人物インタビューなど さまざまなジャンルを手がける。 編集とライティングともに得意分野で企業の仕事もときどき。 ライフスタイル系媒体を中心に 紙とウェブともに寄稿中。