六本木の穴場?フランス料理

六本木のミッドタウンに入っている「フィリップミル東京」は接待やちょっとしたもてなしにいいレストランかもしれない。

ヒラマツがシャンパーニュ地方からひっぱってきたブランドとある。

私はこのあいだ初めて訪れたが、ウェイティングルームがあり、席のバリエーションがあり、最後はダイジェスティブを屋外で楽しめるスペースありと、レストランの基本がしっかりしている。

料理はインスタ映えするし。

上の一品は魚介料理。

さまざまな貝の茶碗蒸し仕立てとメニューにある。

これはメインの豚肉料理。

イベリコ豚を低温調理したもの(右側)と中央に肉汁を使ったソース(とオリーブオイル)、そして左がホワイトアスパラガスと香りのいいマッシュルームだ。

出かけた日は休日の午後だったが、意外に空いていて、穴場感(「よく知っているね」)があるのもいい。

ただし人手不足の波はここにも押し寄せてきているようで、途中からサービスが途絶えてしまうのには閉口した。

それと最後サービスしてくれたとき、手がタバコくさいのも興ざめである。


ogawa fumio HP

小川フミオのホームページ フリーランスのライフスタイルジャーナリスト。 クルマ、グルメ、ファッション(ときどき)、多分野のプロダクト、人物インタビューなど さまざまなジャンルを手がける。 編集とライティングともに得意分野で企業の仕事もときどき。 ライフスタイル系媒体を中心に 紙とウェブともに寄稿中。