高遠そばのはずなんだが

奥会津で食べた「高遠(たかとう)そば」と「ソースかつ丼」。ともにこのあたりの名物という。高遠そばは大根のしぼり汁あるいは辛み大根をたっぷりいれて、焼きミソとともに食べるもの(らしい)。いっぽう、甘辛のタレとからめたカツを使ったカツ丼も、会津では知られた一品(らしい)。

私が食べたのは道の駅「奥会津かねやま」内「食堂こぶし館」で。只見川に沿って走る美しい景観の道の途中にある。しかし「名物にうまいものなし」はけだし名言というべきか、それとも道の駅が悪いのか。かなりがっかりするお味なのだ、これが。

そばはほとんど小麦粉のようで香りもなく食感もなし。よくないのはそばつゆに味がないこと。味がないそばつゆ、初めて食べたかもしれない。しかも大根おろしが申し訳ていどについてくるが、こちらも解凍か?というかんじで風味も辛みもゼロ。

かつ丼についてはソースの味しかしないというありさま(涙)。

もうすこしマジメに作るべきではないかと思った。景色にひかれてここに入るとひどい目に遭うと誰かに”警告”したいのだが、その相手が思いつかないので、ここに書いておこう。

駐車場からの景色は山が紅葉して、じつに美しい。杉だろうか山のピークを緑が走っているのが、かえっておもしろい眺めを作りだしていた。


ogawa fumio HP

小川フミオのホームページ フリーランスのライフスタイルジャーナリスト。 クルマ、グルメ、ファッション(ときどき)、多分野のプロダクト、人物インタビューなど さまざまなジャンルを手がける。 編集とライティングともに得意分野で企業の仕事もときどき。 ライフスタイル系媒体を中心に 紙とウェブともに寄稿中。