POWER DAYがあった

先日、フォルクスワーゲン本社がオンラインで「POWER DAY」なるプレス用発表会を開催した。パワー、つまり電気エネルギー戦略についての発表だ。これからピュアEVの数を増やしていくということもさることながら、自社で出資したバッテリー工場を欧州に6つもつくる計画というのに感心。

さらにコストや航続距離や充電時間と、バッテリーにまつわる大きな課題解決の有効な手段として、ソリッドステートバッテリーをいま開発中で、22年から実用化する方向だそうだ。

このあたり、基本的にぜんぶ自社で、としている自動車メーカーは少ない。工場というのはテスラが早かったけれど。

でもって、フォルクスワーゲンはプラットフォーム共用化計画も推進していて、将来は傘下グループすべてで同じプラットフォームを使う予定なんだそうだ。ポルシェもベントレーも、ということなのだろうか。ランボルギーニやブガッティもいまはVWグループだが、これらはたしか売り出し中。このあたりもEV化のためには、スーパースポーツカーにこだわっていられないという割り切りを感じる。

オンラインの発表は2時間続いた。見応えのあるものだった。



ogawa fumio HP

小川フミオのホームページ フリーランスのライフスタイルジャーナリスト。 クルマ、グルメ、ファッション(ときどき)、多分野のプロダクト、人物インタビューなど さまざまなジャンルを手がける。 編集とライティングともに得意分野で企業の仕事もときどき。 ライフスタイル系媒体を中心に 紙とウェブともに寄稿中。