やっぱりフェラーリ

フェラーリは、ミドシップかフロントエンジンか。クルマ好きにとって、かなり考えてしまうテーマかもしれない。回転軸の中心がドライバーの近くにあるミドシップは、スポーツカーの命ともいえるコーナリングで有利というのだが、一般の道ではあんまり関係ないカナ。

このフェラーリは「812GTSスパイダー」という。こちらは6.5リッターV12エンジンをフロントに載せて後輪を駆動。フェラーリは1940年代にフロントエンジンと後輪駆動というレイアウトでレースに参戦し、60年代に、英国のレーシングカーがミドシップに移行してレースで好成績を上げるのを目の当たりにして、ミドシップへと転換した。

ただしそれでもフロントエンジンのモデルは残した。なぜかというと、マーケットに好まれたからだ。長いノーズに大きなエンジン。トルクがたっぷりあって操縦感覚は、むかしのスポーツカー的なよさを残している。かつエレガントでもある。

でもって、私はフロントエンジンのフェラーリがとりわけ好きなのだ。この812GTSもすばらしくナチュラルな操縦感覚。あっという間に、感覚的になじんで、ドライバーと一体化する。おっそろしくパワフルなんだけど、どのレベルでも楽しめるよう設定されているところがよい。

サーキットを走るひとには、ここがクルマの限界ですよ、と教えてくれるシステムも組み込まれている。ようするに、たとえばポルシェ911のように、あらゆるひとが楽しめる。それがいまのフェラーリのクルマづくりのコンセプトなのだ。もやもやをスカッとさせたいひとは、このクルマ、本当にいいと思った。

ogawa fumio HP

小川フミオのホームページ フリーランスのライフスタイルジャーナリスト。 クルマ、グルメ、ファッション(ときどき)、多分野のプロダクト、人物インタビューなど さまざまなジャンルを手がける。 編集とライティングともに得意分野で企業の仕事もときどき。 ライフスタイル系媒体を中心に 紙とウェブともに寄稿中。