シュールな豊洲

豊洲市場のあたりは、ほんと強引に街を作ってしまった。いや、街ではないな。市場とその周囲のゴーストタウンのようなビル群である。このあいだ、早朝撮影のあと訪れて、むかしのパリのデファンス地区のような、荒涼感があってびっくりした。なんだか、超現実的、シュールな雰囲気だと思った。

このときは、市場で寿司でも、ということで足を向けたのだった。もちろん、豊洲は初めてでないので、わかってはいたものの、築地の雑多でありかついい雰囲気に対して、味気ない。アトレみたいである。

ここに本当の街が生まれるだろうか。区画整理を眺めていると、マンションに入居するいがい、入り込む余地がなさそうだ。

ときどき訪れては、やっぱりシュールだなあという感想を抱かせる。そんな場所のまま、豊洲はずっと続いていくのだろうか。


ogawa fumio HP

小川フミオのホームページ フリーランスのライフスタイルジャーナリスト。 クルマ、グルメ、ファッション(ときどき)、多分野のプロダクト、人物インタビューなど さまざまなジャンルを手がける。 編集とライティングともに得意分野で企業の仕事もときどき。 ライフスタイル系媒体を中心に 紙とウェブともに寄稿中。