なぜかいつもレバニラ

青山にいくとつい足が向くのが「だるま屋」。驚くほどの店ではないと思うが、いわゆる町中華に行ける機会が多くないせいか、たとえ青山でも打ち合わせでないとここ、ということが多い。

今回もここでレバニラ炒め。町中華で、私が頼んでしまうのは、なぜかレバニラが多い。家で作れないからだろう。シャキシャキのニラと、ねっとりした豚のレバーという異なった食感の組合せもいい。


ogawa fumio HP

小川フミオのホームページ フリーランスのライフスタイルジャーナリスト。 クルマ、グルメ、ファッション(ときどき)、多分野のプロダクト、人物インタビューなど さまざまなジャンルを手がける。 編集とライティングともに得意分野で企業の仕事もときどき。 ライフスタイル系媒体を中心に 紙とウェブともに寄稿中。